渾心の力作

2020/02/22 06:01
 さて。自作でそう呼べる作品はどれくらいあったかな、と。 時系列で追えば。最初はSFですね。  まずは『唯一の解』 本社から離れた工場に泊まり込みで出張したわけですが。卓袱台を買ってきて、大半はそこで書きました。 言葉はどんどんどんどん溢れてくるのにペンが追いつかない。もどかしさのあまり、左手で机をバンバン叩きながら書いたものです。 渾身の力作でもあります。 「方程式もの」です。 どうぞ、お買い上げのほどを→  つぎが『Never Comes Dawn』ですね。 ..

続きを読む

禍転じてオクトパス

2020/01/02 19:33
人生万事サイコロと馬人間至る所青山洋服店有り これは芸術であって、エロでもポルノでも有馬温泉お医者様でも治しゃせぬ♪金$でSMX工房閉店だからこそSFX工房開店で。ワープロ以前の手書き原稿の同人誌をOCRしてます。「ぽくは」→「ぼくは」「収東」→「収束」ふつうの誤字脱字チェックと趣の違うベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番で、結局は全文読み直し。油断が石油禁輸です。で、プロセス百段飛ばしで、若き頃の文体が甦ったりして。 ※しかし。じきに別の――もっと軽い足音が、牢獄の扉を開..

続きを読む

自我持参

2019/12/27 06:59
 ここのところ、通勤中の電車で(二宮金次郎の真似はしません)電子書籍を読んでいます。 向上心があれば純文学とかを読むんでしょうが。 「山椒大夫」なんて、ストーリイもへったくれもないし。「羅生門」から"Courage Under Fire"への道筋はわからんし。「鼻」なんて出来の悪いショートショートだし。「銀河鉄道の夜」は肝心の旅立ちのシーンが欠落してるし。 そういえば、学校でトロッコの問題を取り上げて騒ぎになりましたけど、「塩狩峠」という別解がありましたね。 トロッコ..

続きを読む

投了! かな?

2019/12/15 16:49
 野波恒夫クンの作品で電子データが残っているやつは、全部投げ終えた。という意味です。  最後の『紫電改の豚』は、ただいまミットに向かっているところです。 ちょっと(ラノベよりもはるかにおとなしい)エッチぽいコメディ短編を載っけてるので、まさかですけど、なにせ伸び縮みする物差しですから。もしも威茶悶つけてきたら、この相手にはR工房とかDLしてとかファン座とかと違って、言うだけ無駄にダム決壊ですから、とっととその1作を切り離します。無事ストライクでした。@2019/12/1..

続きを読む

昭和が逝く

2019/11/08 21:30
 逝く人や 昭和は遠く なりにけり 我が身世にふる 眺めせしまに  小学生の頃は、作文が苦手で嫌いでした。「昨日の遠足の感想文を原稿用紙2枚で書きなさい」なんて課題には、何を書いたか忘れていますが、2枚目の最初の1行に「楽しかったです。」で、ノルマをクリアしました。 そんな拙が、フルタイムで(しかも通勤片道1時間半)契約社員しながら、今年はたぶん原稿用紙3千枚突破しそうなのですから。  拙の物書き人生に影響を与えた人物はあまたあれど。特筆すべきはつぎのお二方でしょう。1:..

続きを読む

もうひとつの旭日旗問題

2019/09/23 20:36
 ヨツベでは皆無。ネットで検索してもなかなかHitしないので、ここに書いておきます。 徴用工問題とも、微妙に絡んでおります。 戦時中、海軍は民間船舶を「居抜き」で徴用しました。つまり、船舶を海軍で使うとき、それまでの民間乗組員を、そのまま軍属として使い続けたのです。海軍からは「艦長」以下数名が派遣されて、それまでの「船長」を指揮下においた。 海軍士官はスマートだとか言われてますが、まあ、徴用船に派遣されてくる連中は落ちこぼれ組。はい、拙の独断で書いています。しかし、ハンモック..

続きを読む

もっと見る