書きましたねえ……

 電子出版で40作(100枚くらいの短編もあるので、紙書籍の分量にまとめると20冊にもなりません)ばかり出していますが、大半は過去に書いた作品、ある程度は首チョンパが確定してからの1年ほどで書いた作品です。
 電子書籍を出し始めると、それまで書きかけて中断していた作品も仕上げて、PLOTのまま寝かせていたSTORYも次々に覚醒させて。さらには、新しく興した物語も。
 ちょいと、ビブリオグラフィなど。
びぶりおーる.png
 いやはや、書いたものですなあ。
 昔のことですから記憶が曖昧で(ガレージにぶっ込んでる日記とか漁る気は無いので)※が付いてない作品は、数か月どころか数年の誤差がありそうですが。

 特筆すべきは:その1
 >>電子出版<< 以後に書いた作品です。
 あ、これから見ると『ママスレ』と内部変換してるやつは、電子出版直前から書き始めてます。全裸の特異点です。
 それ以外では、『強制入院マゾ馴致』と『女囚双虐』は以前から温めていて、挫折稿もあって、電子出版=諭吉のモチベーションで再開&仕上げた作品ですが、他は改めて発想して書いたのです。まだまだ、妄想の種は尽きまじ。ですね。

特筆すべきは:その2
 『F_SM_T』は、時間があるうちに仕上げるべぇと、馬力掛けて、やっつけて。
 6/18から時給1500円です。初出勤日に環状線に閉じ込められて、脱出後も歩いたりバス乗り継いだりで昼過ぎに勤め先に辿り着いて、帰りはTAXIで、その日の時間給を使い果たしたり。は、38万光年のフリーキック。
 8時間フルタイム+通勤3時間でも。7か月間で1000枚を仕上げたということでしょうか。酒も飲んだし、PCゲームもしたし。
 つまり。ちょいと精進すれば、年間2千枚は書けますね。
 そりゃまあ……

 ぶゅん、バッチイィン!
「きゃあああああっ……!」

 なんて斧的屁゚とか論理レス悲鳴とかで何枚も無駄遣いはしてますが。
 しかし。SFを書いてたときとは比べものにならない枚数です。
 今しばらくは『月刊濠門長恭』いけそうです。

 ……何を書くつもりだったんでしょうか。
 もチョイと気の利いた話を書くつもりだったんですが。自マン(きゃあああ、エッチイ!)鱈鱈ぽくなりました。
 それもこれも『陰間寺出世菊』が悪い。祝杯のアルコールが悪い。
 もはや、世界に向かって開かれた社会の窓というか、Mボタンというか……administratorによる嬌声終了です。

この記事へのコメント