OVA OAV VOA

 かつて「AV機器」なる言葉を目にしたとき、目点になりました。アダルトビデオの機器をリビングに置いて、なにせえちゅうんじゃ?
 Audio Visual とわかって、一件落着……しませんね。アダルトビデオの方に優先権があると思います。人参白菜米を売る会だからNHKなんて名乗ると、日本国民からボッタくってる某団体からクレームがくるでしょう。
 そういや。ETてえSF映画の名作がありました。「指を合わせて見つめるだけで、信じあえる話もできる♪」やつですね。でも、直近に引退したスペースシャトルが腹に抱えてた本体よりもでかいタンク。これもETです。External Tankでしたっけ。
 しょせんはアルファベット26文字の組み合わせ。2文字なら676通り、3文字でわずか17,576通りです。

 拙としては「AV機器」以上の笑撃を受けたのはOAVないしOVAです。
 オリジナル・アニメ・ビデオだかオリジナル・ビジュアル・アニメだかだそうですがダカダカダカ。オーラル・アダルト・ビデオでもありますな。
 いや、そもそも。AVなる文字に接したときも、誤解極まって感心したものです。ふむ。アナルとヴァギナがテーマでありモチーフでもある映像作品だわいなあ。
 そこに、オーラルまで加わったのです。三穴揃い踏みです。これを好きらしいと言わずして、厭らしいですか。文脈不整。
 でもまあ。Voice of Ameriva てのも、ありますね。拙の中では、東京ローズや、北朝鮮の短波ラジオ放送と同一線上ですが。
 さらに、さらに、さらに。これを御牢磁路。←IMEの馬鹿野郎

OVA-10.jpg

 左がOV-10(ブロンコ)、右がA-10(サンダーボルト)。合体OVA!

 OVのデジグネーション(と、ミリヲタを気取ってみる)はたぶんObsevation Vehicleですね。実際にはCOIN機です。1$銀貨をチャリンと入れると30分飛ばせる――ウソかホントかは、ヤフるなりググるなり、どうぞ。Aは、もちのろんで Attacker。

 実は、ここまでが前振りです。
 濠門長恭クンが書いているSM小説群のなかに「ロリマゾ」シリーズがあります。
 この詳細は、http://goumonchoukyou.blog.fc2.com/ で、見てください。18禁です。
 借金で雁字搦めになった親に、近年では基本的人権すら剥奪された893ぽい債権者が、娘をイメージビデオに出演させるならデンデンと。
 で、その債権者が引き上げるのをヒロインである娘が追いかけて。
「イメージビデオなんて、嘘でしょ」
「裏ビデオ? ロストバージン実録映像? でも、そんなのは厭!」
「もっと過激な。縛られて鞭打たれて、最後にはOVAまとめて拷貫されるみたいなのを撮ってください」
 そうすれば、破格なギャラになって、親孝行できる。&理想のロストバージンになる!
 ――なんて、話。
 を、膨らませながら、題名をなんにしよう。とアレコレこねくってるうちに、OAVが浮かんできたというお話なのでした。

 仮題:OVA三穴拷貫~今夜はハードリョナ?

 後半は、「くりいむレモン」へのオマージュです。リアルタイムに観ていないことが、ツーコンの一撃ですが。
 ハードリョナは、四肢切断とか濠門長恭クンの許容範囲を逸脱します。でも、タイトルとして「ソフトリョナ」じゃインパクトがノンパクト。なので、末尾の「?」に託したのです。
 まあ、これは。
 ただいま四苦八苦執筆中の『陰間寺出世菊』、そして同じ「非道と淫虐の上意」最終巻『女囚永代吟味』を書いてから、もういい加減に煮詰めすぎてる『いじめられっ娘二重唱』600枚(以上を予定)も上げてから、その次ですね。もしかすると、特高警察嫁取物語(あ、ネタばらしちった)『赤い本と白い百合』400枚(かな?)も書いてから先のことになるかもしれませんが。
 思いついて、パパパと書いたほうが出来が良いこともマママあるので。

 新元号ゼロ年(は、無い!)中に書き始めるカモシカですが。ハイウェイのナウーシカ。わかるやつだけついてこい。

この記事へのコメント