阻止有出素箪笥

 前にちょろっとURLだけで紹介した、社会的距離の取り方ですが。
80676798_p0_master1200.jpg
 もっと簡単にして効果的(かどうかは知らんけど)なアイデアが実践されておりました。
 帽子が脱げるんじゃないかとか、「十」と「×」で入り組んで接近してしまうんじゃないかと、懸念はありますが。
 しかし、案外と流行る……かなあ?
wsa2005280704001-p4.jpg
 どっかの市役所で、窓口に手作りの枠を立ててビニールを張ったなんて記事を見掛けて数日で、スーパーもコンビニもレジのまわりをビニールで囲むのが燎原の火というよりも一触即発的に新基準になっちゃいました。前者と後者は関連があるのか、偶然の一致かはともかく。
wsa2005280704001-p6.jpg
 一方では、こんなのも航空機メーカーが提案しています。現段階ではモックアップ(原寸大模型)ですが。
 これが新基準になれば、既存機種のモデルチェンジにしても大きな商談です。
「コロナでもただでは起きない」
 うん。新しい格言です。

追伸@06/02
世の中、日々進歩しております。
タイヤ歩行器?.png
大人用歩行器にタイヤを嵌めた――ようにも見えます。
posted by 晴鬼 at 08:42Comment(0)日記

ほそ、思いつく



  朝起きて(夜起きるより健全ですな)、ああ、いま「ねこころがってるなあ」と思い。アレ?
 で、音が非常に似ていると気づいたのです。
 猫転がっている。
 寝転がっている。
 漢字だと文字数も同じです。
ねこころころ.jpg
 だから、なんだと言われましても。
 なんなんでしょうね。


ISLAND [フロントウイング]

おいしい妖怪

 でも、拙は「かいかい」になることがあります。
 軽く海老アレルギーなのかもしれません。
 勘の良い読者は、ハハンと気づいたかもですね。

 最近、チャイルス関連でアマエビの記事を見掛けます。せっかく獲っても販路が無いとか、そういう話かと思ってスルーしてました。
 が、ふと。よくよく見ると「アマビエ」でした。この勘違いネタも、あちこちで見ますね。

 ちなみに、左がアマエビで右がアマビエです。底冷えとは関係ないでしょう。
 はい、おしまい。おしまえば、おしまうとき、おしまおう。
アマABC.jpg
 では、尺が短いので。ひさしぶりのニチホンゴ講座なので。

 勘違いなどネタにしましょう。
 音順を取り違えた例として「山茶花」があるそうです。漢字を読み下せば、サンチャカ。なまってサンザカ。これでは発音しにくいので、いつの頃からかサザンカの誤読が一般的になったそうです。
 もののHTMLによると、こういのは音位転換というのだそうです。「いう」が重なっているので、小説なら延々と考え込んで別の表現にしますが、ブログだから気取らずに(手抜きともいう)進めましょう。
 舌鼓  正:シタツヅミ    誤:シタヅツミ
 新しい 正(古):アラタしい 誤(今):アタラシイ
     たしかに、新たなとか言いますものね。
 有名なところでは「おさがわせして申しわけありません。チリ紙交換です」

 音位転換よりも一般的、かどうかは知ったこっちゃないが、拙がアレコレ思い出すのは聞き違いのほうですかしら。
「眠る盃」なんて、本にもなってます(向田邦子)。

 日本語留学生が「彼とコンニャクしてから、ニホンに来ました」と自己紹介したとか。婚約の間違いですが、コンニャクはコンニャクで意味深ではあります。コンニャクは食べるほかにも使い道があります。人肌に温めて切り込みを入れて……熱湯で温めてから水を掛けて冷ますと、中は高温になっていて火傷の惧れがあります。

 個人的なツボは、尿酸値を下げる薬ですね。ザイロリック。
 最初に医師が「ザイロリックを出しておきましょう」といったとき、ホニャラ?でした。ザイドリッツと聞き間違えたのです。1913年に就役したドイツの巡洋戦艦です。
SMS_Seydlitz2.jpg
 その後、重巡洋艦ザイドリッツⅡ(とはいわない)が1936年に起工されて、途中で空母に設計変更されて、結局は未成に終わりました。
 よほどのWW2ミリヲタでなければ通用しないネタまで持ち出して、なんとか尺を合わせました。
gr_seydlitz.jpg

ボルタックの店

 Wizardryのお話ではありません。
 この記事を書くにあたって、いささかは考えました。
 もしかして、ヒボーチューショーにあたるんじゃないだろうか。
 でなくても、Ci-enはDLsiteのクリエイター支援企画で。私怨の垂れ流しってやつかなあとも。
 いやいや、世間ズレしていない後輩諸君への警告になるだろう。公益です。
 というわけで、書きます。

DJtHy7VVwAAL4e4.jpg
 あ、画像はゲーム画面です。ボッタクル商店です。オチばらしちった。

 地区単位にまとめて、家庭排水管の高圧洗浄を実施しています。個別に施工すると3万円~5万円が相場ですが、機材と作業員を集中するから「1単位」3千円で請け負います。と、戸別セールスがありました。間が悪いこと、このうえなし。半月ほど前にキッチンシンクが詰まって、即応の店(ネット評判No.1?)にSOSして。船舶通信でSOSが廃止されたのは……いや、まあ。当日に作業員が来てくれて、高圧洗浄を含めて3万5千円かかりました。
 それはともかく。風呂もあれば裏庭の排水桝もあるので、発注しました。
 見積の結果。配水管が長いので、前の業者がどの程度洗浄してるかわからないので、ひっくるめて「6単位」1万8千円かかる。税込み19,800円。もう、亀甲縛りの勢いでニイタカヤマノボレ。

 というのは、たまたま同日で、すこし似た話なので書きましたが。実は余談です。

 スマホに東京から着信がありまして。
「○○△社の者です」
 音声スマホ越しですが。ピシイッと背筋が伸びました。
 4年に一度しかない〆切日の文芸作品コンテストの会社です。爆弾は外れました。でも、個別に書籍化の話はアリエルガブリエル。
 話をうかがいました。
 コンテストの担当ではなく、企画部の人です。は、大歓迎ですが。
 応募作品は2部作でした。その後半の一部だけを読んでのTELですとさ。
 んで。[硬式]ブログをちょこっとでも見ていたら分かりきる質問とかするわけです。
 DLsiteとかの仕組もロクに知らないみたい。
「出版社から声がかかって、打ち合わせをして、電子書籍化されたわけでは?」
 もちょっと勉強しろよ。背筋がグニャラです。
 てえか、「全体ではないが、一部を読んで……」
 おまえさんね。作家に対して失礼でしょ。
 それでも。この時点でも、まだ希望は残していましたよ。
 そのまま書籍化はできないが、アドバイスに従って大幅に手を入れてみるつもりはありませんか?
 この作品では難しいが、新しく書いてみませんか?
 じゃあ、なかったですね。ていうか。そういう話なら、とっとと切り出しているです。
 企画会議とか色々あるが、それを通過して書籍化して本屋に配本するまでの条件とか費用分担とか……
 じゃかあしい!
「費用って、どれくらいのオーダーですか。数万なのか数百万なのか?」
 からかい半分でした。
 初版5千部として、定価千円とすれば、印税(10%)は50万円。それで相殺できる範囲がせいぜいと思ったわけです。
 ところがギッチョン、左義長チョンパ。数百万円ですとさ。
 あ、アホか!?
「出版社と書店とのあいだには別の会社も……」
「取次でしょ。知ってますよ、それくらい」
 かなり、当方の口調は冷たくなっていました。んで。当方のポリシーを教えてあげました。
 自費出版すれば、諭吉が群れを成して飛んでいきます。電子出版は持ち出しゼロ。野口さんでも一葉さんでも来てくださいます。
 ともかく。紙媒体での出版はステータスと思っていますが、自作品の出版に自腹を切る気は毛沢頭ございません。

 20分ばかりのロスです。

 カドカワとか講談社と同レベルではないですが。それなりにマトモな出版社にして、これです。
 アマチュア作家を食い物にしようとしてるとしか思えません。
 それとも、何百万円払ってでも自作を後世に残したい(てなこともトウヤさんは言ってたような。あ、固有名詞まで出しちった)アマチュアの手助けをしてるつもりかしら? マスクを買い占めといて親切ごかしに各国にばら撒いてる四七筒よりは、罪が軽い鴨葱ですなあ。
 企画部だそうですから、編集者ではないでしょうが。出版社の社員です。
 こんなスカポンタン詐欺師がいるんだから、濠門長恭作品が2次止まりなのは出版社側に見る目がない。
 あらためて、そう思いましたね。
 見る目が少しでもあれば。大賞とまでは言わんけど、佳作でも奨励賞でもいいけど、書籍化してくれよ。
 というのは、某官能小説小説大賞への繰り言です。
 上に書いたNEOではありません。あ、言っちった。

 お詫び
 例によって、内臓消毒用アルコールの影響下で書いております。読者の皆様、乱文にて失礼。
 アマチュア作家から金をふんだくって、他人のフンドシで書籍を出そうとした出版社は「お詫び」の対象外です。
 もしも、今回の事案が出版社の陰謀ではなく、電話してきた社員の独断専行であるならば。きちっと社員教育をしてくださいね。
 注記:「独断専行」は本来の(軍事)用語としてではなく、世間一般に誤解されている悪い意味でのそれとして、使っています。
posted by 晴鬼 at 20:48Comment(0)日記

コロナあふれる未来:石を投げないでください!

 ふとした気分で。三半世紀昔に同人誌に書いた評論を読んでいました。
『半核の世界』
 実は実話、高校時代に学内同人誌に同じタイトルで同じテーマのエッセイを書いていた、そのSF知識援用天婦羅衣着膨れバージョンですが。要するに、どんだけ核兵器があろうと(昨今では忘れられた感さえありますが、今もなお、爆発力・放射能力からすれば、地球上の生命を何十回も抹殺できるだけの量が残存しています。百回殺せる量が半減しても五十回です。五十発百発です)、つまりは全面核戦争には至らないかもしれない。論理的結論ではなく、希望的観測として、そういったことを述べています。

 叱るに。ほんま、西洋カルタも四七筒も叱り飛ばしてやりたいわ。然るに、米中対決が鮮明になってきて、ホンマもんの戦争が杞憂を超える蓋然性を帯びてきました。
 まさか。両国とも2億人死んでも、こっちはまだ10億人以上残る。こっちのほうが国土が広いから、核ミサイルでカバーしきれないだろう。ついでにスプラッタリー諸島にしてくれるわ。空母も原潜も動けない今がチャンス! なんてMAD(Mutual Assured Destruction)真っ青なこと考えて、実行してくれませんように!!!!

 それはそれとして(出来るか!)。
 『半核の世界』の中で、当時のSFとか当時でも「すこし古い」小説とかを取り上げて、「現実はこの想定を凌駕している」とか書いていますが。『半核の世界』そのものが古色瞭然なわけです。
 で、思ったのがタイトル。
 かつては、コロナといえば、ある種の人間は太陽コロナを真っ先に思い浮かべました。別種の人間(一般大衆ともいう)は、『新型コロナ』を思い浮かべました。もちろん、自動車のコロナですよ。
 TOYOTAは、今でこそ同業他社と同じく、わけわからんカタカナ車名ですが、その昔は「冠」コンセプトで統一されていました。
 クラウン=王冠 コロナ=ラテン語で「冠」 カローラ=花冠 カムリなんてもじりもありました。
 それはさて置き。うん、今度は置いても大丈夫。

 つまり。「コロナあふれる未来」とは、「未来はバラ色」とか「人類の進歩と調和」とかいったコンセプトと同義だったのです。2019年までは。
 画像にすると、こんなだったのです。

superio-solar-corona.jpg

 メイン画像はhttps://earthreview.net/から借用。
 切貼の「初代コロナ」はhttps://ps-af.facebook.com/ToyotaMotorCorporation/です。

posted by 晴鬼 at 13:14Comment(0)日記

不急遅報:台抜きじゃなくて台無し

 前置きが長くなります。
 今年に入ったあたりから、「野菜を食べるラーメン」てのにハマッています。そういう名前の商品もありますが、生麺と液状本格(?)スープとがセットになっている消費期限の短いやつなら、なんでも使えます。拙的には豚骨醤油味がイチオシです。
 まずは(ラーメンの具としては)大量の白菜と彩り兼カロチンの人参少量と豚肉を好きなだけ炒めます。もやしをドバドバぶち込むと、増量出来てビタミンと食物繊維です。しんなりとか火を通すとかは気にしなくてよろしい。わずかに塩コショウ。そこへ、「作り方」で推奨している水量の150%くらいを投入。沸騰の過程でしんなりして火が通ります。液状スープもさっさと入れて(袋ごと二十秒ほど茹でると、脂が溶けて絞り出す手間が省けます)、沸騰したら生麺を適当に茹でて出来上がり。
 問題は。安売りパックのブラ肉(タイプミスだけど、ギャグに使えそう)が、さすがに1食分では余ります。生麺セットも2食分なのでちょうどいいんですが。

台無し.jpg 中出し本題です。
 二日続けて豚肉もやし白菜ラーメン(人参はパス)もなあ。そうだ。「台抜き」でいってやれ。
 さらに。作っているうちに閃きました。小麦粉を水で溶いてツナギに使おうと。炒り卵風に混ぜ込もうと思ってた生卵2ケも、ボウルに投入。
 いざ、フライパンに流し込んで。
「あれ? これってお好み焼きじゃん?」
 ツナギと具材を最初から混ぜておく関西風ではないし。先に生地だけを生焼けにしてキャベツを盛り上げるヒロシマ焼きでもないし。そもそもキャベツを入れてない。後から生地を乗せたんだから……マシロヒ焼きかなあ?
 あまりに無惨な出来なので、せめてかわいらしくハートで切り抜いておきます。
 味は……オタフクお好み焼きソースを掛ければ、なんでもお好み焼き味でい。青のり粉とコショウでアクセントるし。

 ナポレオンをワンカップと、ストロング酎ハイ1缶で流し込みました。


posted by 晴鬼 at 06:24Comment(0)日記

緊急速報:台抜きの全国的(?)復活

 台抜きという言葉を御存知ですか?
 土台が無くて上物だけが乗っかっているというどこぞの国の建築物――では、ないです。そういう建築物が無いという意味ではなく、最初の一文の説明ではないという意味です。
 ネット検索すると、ご飯を台に見立てて、ご飯のないカツ丼だという説明が多いですね。これ、昭和の御代から「カツとじ」という名前がついてます。
 本来は、蕎麦無しの天婦羅蕎麦のことです。
 台抜きを肴にして軽く(二合徳利を)一本。なんてのが、ツウです。与兵衛は関係ありません。

 ここからが本題。台抜きのわかめラーメンが発売されました。
台抜き.jpg
 ふたに「ラー□□」と書いてあります。麺無しわかめラーメンでしょう。
 でも、味は和風です。麺無しわかめうどんです。
 新しい物には(財布と時間を滅ぼす)オンラインゲームを除けば、すぐに飛びつく拙です。ノーパン喫茶も行ったし、イメクラも経験したし、AMAZON(通販屋ではなく、大阪の超本格SMクラブ)も。しかし、デリヘルは自室のエントロピーが凄まじいので……姦話休題。
 さっそく買いました。娘曰く「わかめスープじゃん」。いや、そうですけどね。
 これを「台抜きわかめラーメン」と見做すか「わかめスープ」と見做すかで、深刻で本質的で生命にもかかわる大問題が生起するのです。
「塩分を控えるために、麺類の汁は残しましょう」
「スープを残すのはお行儀が悪いです」
 どっちもスリランカです。
 飲むべきか、飲まざるべきか、それが問題だ!?

 あえて連投してまで公開する必要あるんかい??

 下の記事も同日公開です。未読の方は、どうぞ。

アンタッチャブル

 前の記事で予告していたネタです。
01_wSMLwx_vmbavN1cdrDoukv4SeZIwHdW0.jpg
 アンサンブル→あんさん、ブルってまんなあ
 という方向へもWARPしかけましたが。
 アンサンブル→アンタッチャブル で、いきます。
 渋い男の声で「あーんたっちゃぼぅる」緑の部分にアクセントを置いて、「たっちゃぼぅる」は短く発音。
 エリオット・ネスが主演(じゃなかった。モデルだった)の、禁酒法時代のFBI(では、ないのですが)を描いたTV白黒ドラマです。
 いかなる手段でも篭絡されない(賄賂が通用しない)という意味で、アンタッチャブルとは「侵すことのできない」公務員としては稀有の存在です。
 蹴れども。ここでも駄菓子案山子。
 本来の意味は「触れない/触ってはいけない」です。不可触賤民(センミンが、この字に変換されんかった=差別語?)を意味します。
 そして、ここでシンラツな駄洒落が閃きました。
 『不可触選民』どうでしょう。国会議員は国会期間中には逮捕されないという特権を持っています。たいていは、その前に罷免とかされますが。もちろん、国家謂議員(意味深な誤変換ですねえ。IMEも俺様色に染まってきた?)は選挙で選ばれた選良ですが、国民ですから選民でもあります。
 なんてまわりくどいことを言わずとも。『上級国民』よりは、よほどユーモアとエスプレッソではないかと思うのであります。

 この記事には、政治的思想的意図は含まれておりません。あくまでも、ニチホン語の遊びです。医師は投げないでください。でも、匙もなげちゃイヤですよ?


コミック、漫画、コミックのダウンロードショップ - ComicTLコミック・ティーンズラブのダウンロードなら「DLsite がるまに」

いよいよKINDLEで野波恒夫無料公開!

なんてね。どうせ、1冊当たりだとツバナレするかしないかのDL数でしょうけどね。
ウプトダテな作品なら、まだしも。30年も昔のアマチュア作家のSFなんざ、ファンダム史に興味のあるごく一部の物好き……
生き急ぐ.jpg
ついに、幻のハードSF作品群がKINDLEで無料公開されました!
 ごめんさい。PDT(米国太平洋サマータイム)と日本時間の換算ミスがありました。

5/1日夕方(16時?)~5/6夕方まで。

是非、この機会に読んでください。
最近の薄っぺらで安易なラノベとは格が違います。
  重厚にして平明な文体。緻密な(疑似)科学的考証。
  抜群のSTORY展開。全作品を通底するテーマ。
SFとは本来こういうものだったのだと、認識を新たにしてください。

 ちょっとアンダートップ差15cmになってきました。
 ブラジャーサイズです。15cmはCカップです。胸C(むなしー)。
 それを言っちゃあ、おしまいよ。
posted by 晴鬼 at 12:00Comment(0)SPECIAL