これもまた日々

 いよいよ、平成もカウントダウン。
 7時間後には令和の幕開け――24時で切り替わるかどうか、制度の詳細はしりませんが、一般的感覚としては、そうでしょう。
 時代の大きな節目ではありますが。
 それでも、1日は24時間ずつで流れ去ります。
 あえて感慨など書かぬのも、またひとつの在り方ではありましょう。
 拙とて、内心に期するものが無いことも無いのですが。それは、いずれまた。
c4025d4582388633582a2d941acbf84a_t.jpg
posted by 晴鬼 at 17:13Comment(0)日記

海藻服

ed4912d0cbe1c258d6d932508b0cf0c9_400.jpg 本ブログ初の試み。リアルタイムレポートです。なんて大冗談に構えてみたりします。

 いえね。
 『克也くんは、すぱっと体操服とブルマを脱いだ』と書こうとしてて。あ、克也くんは男の娘です。
 『かいそうふく』って入力して変換してタイプミスに気づいて打ち直して、しつこく『海藻服』になったのです。
 右の写真は、目障りですね。目触りたくないです。

 ので、下の画像でお目直しをどうぞ。
 検索エンジン、なかなか賢いですね。どっちの画像も探し出してくれました。


 しかし……TとKのキーはずいぶんと離れています。どうやったら打ち間違えられるんだろ?


IMG_20090614_4090.jpg

越天落第


 前には『彼方のアストラ」』を、ほぼ手放しで褒めましたが。
51MBaTdxinL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg 『越天の空』は、駄目です。
 何かの折に、導入部分を読んで、気に入ってたんですよね。スチームパンクの定義は知りませんが、それっぽい。並行世界を丁稚揚げて、こっちの現世ではF104有人最終戦闘機が飛んでる時代に、レシプロ戦闘機とか。
 まあ、空戦に関するアレコレには、原作者と作画者とで基礎体力の乖離があるんだろうと、好意的に解釈しときましたが。
 で、まあ。電車通勤の友を仕入れてる古本屋で、全3巻を発見。セット価格900円! R18コミック並みのお値段です。この店、ハードカバーでも文庫でも、1冊100円の値付けをしてあるやつは、5冊まとめて買えば300円なのに、どえらい強気の設定です。でも、買いました。
 並行世界てやつは、バランスが難しいと思います。あ、これはF4Fだなんてすぐにわかるのは、ちょいとね。
 しかあし。これは衣冠束帯。少尉から大尉までは尉官だろ。
 全3巻の、3巻中盤。全体の5/6まできて、いきなり宇宙人とか出すか? かすかな伏線はあったような気もするが、拙の感覚としてはトートツも極まれり。
 最初からこういう設定だったというより、何も考えずに進めてきて、収拾に困ってヤケクソ起こしんじゃないかなと。
 ブン投げます。いちおう、最後まで読みましたけど。ラストも中途半端未満。
 詳細に、ここが医官そこは移換とあげつらう気力もございません。
 他山の石(ほう、”たさん”でなく”たざん”か。IME辞書に教わった)とするばかりです。

 原作者さん。反論ございましたら、コメントなり、メールなり、どうぞ。

posted by 晴鬼 at 21:07Comment(0)日記

影武者候補者?


 今回の選挙の流行りなんでしょうか。それとも特定地域のAnomalyなんでしょうか。
 こういう選挙風景です。
190417_194434.jpg
 これ、男性1人と女性1人の2候補者で見掛けました。
 下手すると、投票用紙に『本人』て書いちゃそうです。この男性候補者は、まだタスキに自分の名前を書いてますが、女性候補者はカンバンもノボリも無しで、タスキが「本人」でした。

 いっそ、似たような顔を集めて、タスキに候補者名、ノボリは「本人」「影武者」「そっくりさん」などなど――というのは、如何でしょうかいかがわしいでしょうか。選挙管理法違反かどうかは、知りませんけどね。
posted by 晴鬼 at 16:23Comment(0)日記

晩女裸昏

 ちょっとR18ぽい画像が続いたので、このブログはけっしてポルノぢゃありませんよと、アピールしときましょう。


パタリロ?.jpg
 婚の中に裸が割り込んで、バンコラン。そういうベアリング・メーカーがあります。本社はマリネラ王国ではありませんし、たぶん埼玉県でもありません。右の画像は、バンコラン+つぶれ大福です。

 ここまでは強淫(きゃあ、エッチ)な駄洒落。
 本題は、投稿系4コマ漫画の中のセリフに、ちょと引っ掛かったという。

 投稿者が中学生のとき、彼女の母親が……というコマで、作画者が後ろで母親のことを「若っ」と驚いているという、そこです。
 母親の年齢は36歳。最大に見積もって投稿者が15歳としても、出産年齢は21歳。若いんですかねえ?
 十五で姉やは、嫁に行き♪
 16になれば(現在のニチホンの民法では)女は結婚できます。

 21歳で出産なんて、けっして早くはないと思います。36歳と15歳の母娘なら、玉子でとじてご飯に乗せるとおいしいでしょうね。婉曲表現です。肝油だっけ、[三国志のテイユ←周瑜の血筋と思うが検索で掛かりません]だっけ。もっとも、27歳と12歳のほうが、濠門長恭クンの趣味ではありますが。26歳と13歳も味わい深い。不快に思う読者は、サヨウナラ。

 まあね。結婚まで処女だなんて昔の風潮が廃れて、若いうちからSEXをエンジョイ(ついでに援助)してるなら、いいですけどね。もしも結婚まで処女でいたいなんて女性には、忠告しときます。
 男の何百倍もの快感が得られるそうなんですから、どんどんSEXして、どんどん開発されなさい。投手の肩は生涯に投げられる球数があるとか、これにも拙は疑問を持っていますが(打撃練習のピッチャーは、1日に何百球も投げてへいきだそうです)、SEXのし過ぎでガバガバになりはしません。膣トレは必要でしょうが。

 考えてもごらんなさい。フィギュアスケートにしても囲碁将棋にしてもサッカーにしても、成人してから始めても一流にはなれないでしょ。同じことです。あ、もちろん。未成年の淫行を推奨しているわけではありません……と、結界を貼っておきます。決壊してるかもしれませんが。いや「貼った」んだから剥がれる? 徒に性欲を満たそう(淫行が成立する必須条件の筈)とする男ではなく、心身の性長に応じて正しく快感指導をしてくれる専任のコーチを見つけなさいと、忠告もしません。なんのこっちゃ。

posted by 晴鬼 at 09:00Comment(0)日記

転動の時代よ来たれ:無料 & 90%OFF キャンペーン

 ゼロサムゲーム断固反対。

 世界を相手に喧嘩してボロ負けして何百万人もの死者も出して、一転して高度成長から
 JAPAN as number ONE! まで上り詰めて、またちょこっとこけて、右肩下がりに突入した昭和ほど激しいのも困りますが、生活実感としてはずううううううっと右肩下がりの平成もあれです。
 せめて、適度に転がってくれないかなとの期待を込めて。
 転がる=Rolling=ロリロリ

 AMAZONにて、4/21~5/11まで、ロリマゾ・シリーズ作品を5日区切りで1冊ずつ、無料キャンペーンです。
 同時に、PIXIV販売部ともいうべきBOOTHにて、詰め合わせパック(2480円相当)を200円にて販売します。
 右カラムの『18禁リンク集』から直接販売サイトへ行くか、[硬式]ブログ冒頭の臨時特設リンクより、当該作品販売ページへ飛んでください。

お徳用です.jpg
posted by 晴鬼 at 05:46Comment(0)日記

彼方のアストラ

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite


 たまには、ほぼ手放しで他人の作品を褒めることもあります。
 『彼方のアストラ』 ASTRA  LOST  IN  SPACE
 コンビニで見掛けました。へえ、マンガ大賞ねえ。どれどれ。5分冊の[1]を購入。翌日には[5]まで一括購入。
 陽の下に新しきもの無し。
 月世界旅行とかタイムマシンとかワープに匹敵するような新しいアイデアは、もちろんありません。最後に明かされる設定自体が、土に埋もれた自由の女神像を前にがっくりしている『猿の惑星』を逆に捻って斜め上に放り投げてメビウストンネルを通過させただけ(いや、それは十分に凄いんですけどね)です。しかし、まあ。いろんな既存のアイデアや設定をあれもこれも放り込んでまとめています。
 そして。こういう『宇宙大作戦』とか『宇宙船シリカの冒険』とかでツッコミたくなる状況が巧みに無理なく合理づけられています。つまり、行く星降りる星に、ことごとく生命体がいて、しかも光学的異性体を回避して、つまりノーサックで呼吸できて地産品を食せるというご都合主義が、見事に回避されているのです。移住可能な惑星を探索したデータがあるという、それをポンコツ宇宙船で飛び石伝いに跳ぶという設定。恐れ入谷のクリヤキンです。
 ネタバラシは慎みますが。マスコット的メンバーのパペットの名前と似てるからと、その子がオトナの悪巧みを耳にして覚えていたというのは、もしかすると『銀河帝国の興亡』の少女の聞き違い(レモネード・デス)が下敷きかなとうがったり。
 だいたい、英訳(?)タイトルが『宇宙家族ロビンソン(原題 Lost in space)』へのオマージュでしょうし。
 つまりは。この作者はかなりのコアなSFファンとお見受けします。
彼方の明日トラ.jpg
 まあ、傷はありますよ。ホワイトホールで文明まるごと0123するより(あ、ネタバラシちった)、たかだか直径300Kmの小惑星を軌道変更させるなりぶっ壊すなりするほうが難しいと、その説明が欲しかったですね。

 しかし、たいした作品ではあります。起承転結だとか序破急だとかも、きっちりしてます。
 こういう作品に遭遇したとき、拙はアニメ映画『風の谷のナウシカ』を観たときの感動と決意を思い出します。
「負っけるもんかあ!」
 あらゆる面で3桁以上は負けてますけど。

 あ。前にも書いたと思いますが、ナウシカは劇場で13回観ています。13に特別の意味はありません。わが生涯で、同じ作品を観るために映画館まで足を運んだのは、このときだけです。


posted by 晴鬼 at 22:00Comment(0)日記

主観的時間感覚


 子供は1日が短く1年が長い、老人は1日が長く1年が短い。
 一般に言われている格言ですが。
 通説に拙の考えを加えて、以下のように理解しています。

clock.jpg

1:子供は次から次と新しい体験に遭遇するので、ワクワクドキドキしているうちに、あっという間に1日が過ぎてしまう。
  それに対して老人(大人)は、毎日が同じことの繰り返し。サラリーマンなら、9to5が如何に長いか実感していますね。

2:10歳の子供にとっては、1年とは全人生の1割にもあたる。かりに2歳までの記憶がなければ、12.5%。
  99歳の老人にとっては、1年とは全人生の1%でしかない。50歳でも2%。

 拙にとっては「十年ひと昔」ですが、20歳の人にとっては「遠い小学生時代」です。11歳の子供にとっては「オギャア、オギャアですし、8歳の子供なら、まだパパの金玉の中にいたころです。

 個人的な思い出では。子供が赤いジャンパーを着て「カニさ~ん」と言いながら宮島の観光道をカニ歩きで走っていたのが、つい先月くらいの感覚で浮かんできます。同じくらいの時間距離で、紙飛行機大会のジュニア部門で2位になって「女の子に負けたのが悔しい」と言っていた姿も思い出します。二つの情景には10年近い歳月の隔たりがあるのですけどね。もっとも、当人にとっては、どちらも「ずっと昔の子供のころの出来事」なのでしょうが。

 1についてですが。大人でも人生の新しい局面に至ったときは、1日を短く1年を長く感じるのではないでしょうか。
 こう思うようになったのは、2017年に電子出版を始めてしばらく経った頃からです。
 数年前まで子供たちの弁当を作っていた関係で、平日のリズムはこんな感じでした。
04時起床:やっつけ弁当作り、朝食その1
05時 ~:小説書き、出版雑務(BF丁稚揚げを含む)
      電子出版以前は、大半がPCゲームでした。
08時半~:いちおう在宅勤務。本社とVPN接続して設計業務主体の正社員でした。
      どれくらいマジメに仕事をしていたかは、者外秘です。
17時半~:家族の夕食作り置き。早い晩酌(ウヰスキーポケット瓶×1+缶チューハイ0~1)でちょいハイ。
21時  :就眠

 朝の3時間(だけ、ということにしておきます)が、すごく充実していましたね。
 自由槍になってから採集食するまでの、遊休娼化を含む半年ほどは、特に「1日の長さと短さ」を感じていました。
 朝に書き始めて、9時過ぎに朝食その2を軽く摂って書き続けて。そりゃ、合間にフリーセルとか『フルオートだんじょん+』とかもしますが。「ふわあ、書いた書いたカイタ」で気が付くと、お昼過ぎ。8時間がアッというまでした。フルタイム勤務の半分以下の時間経過に感じられたものです。
 そのあとは、さらにBF作りとか営業活動(ブログ)とかで、アッという間に夕方になって。じきに「お休みなさい」でした。
 そして、上電(電子出版における「上梓」)して半年後の年末。「ずいぶん前から電子出版&大量執筆してきたな」と感じたものです。
 まさしく「1日が短く1年が長い」2017年後半から2018年前半でした。

 最近は、1日については、まだまだ「短い」感じですが。
 電子出版に手を染めて1年経過も2年経過も、ほとんど違っていない。『ママと歩むSlave Road』を書いたのは、去年の春だっけ? 一昨年秋だっけ? なんてことも、ぼちぼちと。
 1日が短く1年も短い。これじゃ、あっという間に世紀高齢者まで突っ走ってしまいそうです。
 後期高齢者の誇称が失礼(早く死ね)とかいう意見もありますが。ご好評につき続編、という考え方もあるのでは?
 つまり。
 65~75:前期高齢者
 75~85:後期高齢者
 85~95:終期高齢者
 95~  :世紀高齢者
 ありゃ、三浦朱門氏が、似たような提案をされてました。でも、拙としては「末期」を受け容れる気にはなりませんね。「世紀高齢者」の後に「不死高齢者」を付け加えたいくらいえす。



posted by 晴鬼 at 06:30Comment(0)日記

愛人28号はセクサロイドの夢を見るか

 なんだか、他のSFコミックのネタとチャンポンですが。そういうお話ではありません。ていうか、タイトルは洋灯国行くです。
 実話、拙のごく身近な人のお話です。
pz3_01.jpg
 長年のあいだ2号生活をしているくせに、3号を養ってきたという御仁がいます。ところが、つい最近になって、お国から「3号を1号に昇格させろ」というお達し。うろたえたそうです。なにせ、年間で20万円ほど出費が増えるのですから。さいわいというか、この出費はじきに無くなるそうですが、それまでの月額1万6千円に頭をかかえています。
 はい、年金の話です。
 男が働いて家計を支えている場合、妻は保険料を払わなくても夫の保険料でコミコミになります。別々に保険料を納めるより、ずっとお得です。
 ところが、2号保険者が65歳に達するなどして年金を受給できるようになると、妻は3号の資格を失って別途に60歳まで1号保険者として保険料を納めなければならなくなるのです。
「繰り上げ支給と繰り下げ支給の比較なんかは、いろんなところで解説しているのを見たけど、2号と65歳と3号の関係なんか、どこにも書いてなかった」と、この御仁は憤慨中です。まあ、目を大皿にして探せば、どこぞに書いてあるかもしれませんけどね。医療保険の免責事項みたいに小さく片隅に。
 拙なども、女房は若いほうが良いという信念の持ち主ですが。老後の精力バランス(五十茣蓙毟り VS 中折れ)を考えて、適当なところで妥協しましたが。年金のことまでは頭がまわりませんでした。さいわい、その年でも財布は回る(軽くクルクルでは、問題ですが)と思いますけど。出版権使用料(と、いうんだそうです)だけで、お釣りがきます。その頃には、ソープに行く回数も減っているでしょうし。
 芸能人などの年の差婚も、月額1万6千円など河童寿司なんでしょうが。
 これから結婚する人は、そういう先のことまで考慮……したところで、30年以上も先のニチホンがどうなっているか、さっぱり分からんわけではありますが。
 今回も収拾がつかなくなりました。まあ、日常生活の話ですから、そうそう綺麗にオチが決まるわけもないですよ。と、開き直っておきましょう。
 でも、愛人28号かあ。二つの袋が持ちこたえるなら、そういうのも男のロマンですなあ。ロリ嫁をもらって、彼女のお袋さんまでもとなると――[硬式]ブログネタですね。強引に堕とし勃った猥。
posted by 晴鬼 at 20:48Comment(0)日記

最近の女子の乱れ方に苦言を呈す



 豚カツみたいな顔して、なにがパパ活だ。まるきり肉食女子じゃねえか。
 なにが、刀剣男子だ。フロイトによればペニスのシンボルじゃねえか。しかしこれは男の方も艦娘(艦も娘も、どっちも乗るものに違いはないですね)がありますから。
 などという話ではありません。

 4コマ漫画雑誌で見かけた「店にパンが売っている」というキャプションについてです。
 ああっ!(←わざとらしく)。 タイトルを間違えています。『助詞の乱れ』でした。

 『店に』というのは、あまり見かけない使い方ですが、「店にパンを置いている」というのは、ごく普通の言い方ですから、これとの混用でしょうか。
 問題は『パンが』のほうです。「~が売っている」という表現は、ちょくちょく目にします。ちなみに、『パンが』について、ぎりぎり20世紀生まれの息子に訊いてみたら「違和感しかない」との返事でした。
 これ、普通はというか、正しいニチホンゴだと『パンを売っている』ですね。どうしても『が』を使いたいなら『パンが売られている」という受け身になります。身体をうつ伏せにして水に浮くのは浮き身です。大枚をはたいて女郎を買い取るのは身請けです。

 は、さておいて。

41WMzSMgeJL._A.jpg 『が』は主語を示すか、選別された目的語を示す助詞です。格闘女子か腐女子かまでは知りません。小説は文法でかくものではないのです。才気煥発の感性で書くのです――と威張れないのが実情。妄想と慣性で書いています。
 『が』が如何におかしいか、こういう例文はどうでしょう。
 『コミケでバニーガールが売っている』商品はウサギですか? ウナギではないですね。
 さらに間違いを強調するなら。『コミケでバニーガールが薄い本が売っている』最初に挙げた誤法だと『コミケにバニーガールが虹絵が売っている』もはやニチホンゴでもないですね。

 思うに。最近のバカ者は、会話で女子を省略しているせいではないでしょうか。いや、女の子のほうが、その傾向は強いかも。

・わたし、ビキニ着て、彼氏、悩殺しちゃう。
・7時集合。遅れたやつ、駆け付け三杯酢な。
 いや、こういう話し方は昔から、ありますね。
・インディアン、嘘つかない。トント、あなた、友達。
・ラーメン、中華料理ないあるよ。ニチホンビト発明したあるね。
・マーマ、ぶうぶう

 まあ。言葉は世につれ人につれ。拙の話ことばも書き言葉も、戦前や平安時代の人たちに言わせれば、崩れてるどころの騒ぎではないでしょう。
 「いまだに」というのは『未だに』が正しいと思っていましたし、今でもそう書いていますが。これをひとつの単語とみなさずに分解してみると「いま・だに」ですね。『実のひとつだに無きぞ悲しき」の『だに』です。「今になっても、まだ」という意味です。昔は「今だに」と表記していたそうです。そこに漢語が(未然、未必、未経験、未亡人)紛れ込んできて『未』の字が当てられるようになったのだとか。

 文字だけではありません。成句とかコトワザも誤解と曲解で六階建て以上です。
「情けは人の為ならず」
「枯れ木も山の賑わい」
「袖触れ合うも多少の縁」
「孫にも衣裳」
「綺羅星」
「門前雀羅」
しつこいですが「火蓋を切って落とす」

 どう間違っているかは、各自スマホにでも尋ねてください。スマホも間違ってたりしますかね。拙は、まだガラケーで間に合ってます。


コミック、漫画、コミックのダウンロードショップ - Comic


鰯が負けて

 古い記事に追記して偽装更新だけでは申しわけないので。小ネタ。

鯖威張る survival
蟹威張る carnival
𩺊威張る arrival
虎威張る tribal

虎威張る.jpg
¥0の駄洒落です。

国語の有識者ばかりか?

2019.04.06 追記

 ネットで見て、「あ、それは気づかなかった」と不明を愧じたのは令和18年に生まれる子供たちのことです。なんと、生涯R18じゃないですか。中国古典やら万葉集には精通(1 その物事について、細かな所までよく知っていること。 2 女子の初潮に似た、男子の最初の射精。)していても、アダルトサイトの基本も御存じない?

20190401-OYT1I50027-1.jpg
 新元号予想、見事に外れました。
 アルファベット26文字のうち、LQVXはローマ字表記に不要ですから、22文字。それに2点張りで外したのですから、ま、そんなものさあね。
 しかし、新元号の字面を見た瞬間
 令和(おい、IME辞書にデフォルトで登録されてる!)→零和→ Zero sum の連想が働きました。
 ゼロサム。勝った者が負けた者から分捕るということです。マージャンの点数のやりとりです。4人合計は12万点(ふつうのリーチマージャンです。ブウマージャンとかは違います)で、4人で協力して15万点にはできません。田地田畑の開墾をせずに、ひたすら敵の領土を奪い取る戦国時代です。Win-Winとは真逆です。
 そういう連想を働かさなかったのですから、元号を決めた有識者なんて、数学の素養ゼロだわ。
 新しい御代も、所得倍増など望めそうもありませんねえ。

posted by 晴鬼 at 06:00Comment(0)日記